ビリーのブログ

ダイレクト出版政経部門ビップ会員、イシキカイカク大学修了生の筆者が日々の学びや世の中の事を中心にお役立ち情報を毎日発信します

情報のお値段

あなたの情報源はなんですか?

 

自分でお金を払って情報を得ていますか?

それともテレビなどの無料の情報が主な情報源ですか?

それとも両方?

 

情報って有料無料あります。

 

有料無料の差って何でしょうか。

 

私は3年前にマスコミのトラップに気付きました。

テレビ関係者なのに家でテレビを全く見なくなってしまいました。

おかげで、職場で全く話しが合いません、、

 

私が入社して少したった頃でした。

上司に

「テレビは100円は払いたくないけど10円なら払ってもいいと思わせる商売だ」

と言われました。

 

当時は

なるほど!そーなのかー!!

と思いました。

 

でも今なら言えます。

それ違うよ!

と、、

 

テレビを主な情報源にしている人は

情報に対して “ビタ1文“ 払いたくない人達なのです。

実際、お金払ってるのはスポンサーだし、、

 

そしてこうも言われました。

「視聴者は考えたくないんだ」

と、

 

当時は

なるほど!そーなのかー!!

と思いました。

 

でも今なら言えます。

それ違うよ!

と、、

 

視聴者には考えさせたくないのです。

 

つまり、無料情報の代表であるテレビは

 

「お金を払ってくれるスポンサー様のために視聴者に考えさせないようにして物を買わせたり、誘導したりするための装置」

 

なのです。

 

人はお金を払ってくれる人の方を向いて働くのです。